« 「中部ペン」第20号(名古屋市) | トップページ | 自由報道協会総会に出席した »

2013年12月 9日 (月)

デジタル化と本の市場=電子書籍小説の投稿・閲覧

小説の投稿・閲覧サイトが増えている。E★エブリスタは大手企業のサイト。そのほか電子書籍のパブーも独自の展開をしている。スタッフが日ごろ書いたレビューを使ってReader Storeに投稿してみた!ブクログでのレビュー数は100件!レビューを使ってReader Storeで本を他の人が買ってくれればポイントがプレゼントされる! 。
 「CRUNCH MAGAZINE」を運営するCRUNCHERSとディスカヴァー・トゥエンティワンはこのほど、共同で小説レーベル「CRUNCH NOVELS」のフォームをつくり、現在、新人小説家を募集している。応募締切は来年4月30日。作品ではなく、「作家」を募る。 応募者は同プラットフォームに会員登録後、専用ウェブサイトに経歴・自己PR・参考となる小説作品などを登録する。両社による選考のほか、応募者・応募作に対するユーザーからの反響、作品のテキスト解析結果、人物評価を総合して選出するという。受賞者には賞金50万円が授与され、デビュー小説はディスカヴァー・トゥエンティワンから単行本・電子書籍として刊行される。
※CRUNCHERSは、河出書房新社「文藝賞」受賞作家である今村友紀氏が今年7月に立ち上げた企業。純文学系の投稿プラットフォーム「CRUNCH MAGAZINE」を運営するなどしている。


|

« 「中部ペン」第20号(名古屋市) | トップページ | 自由報道協会総会に出席した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「中部ペン」第20号(名古屋市) | トップページ | 自由報道協会総会に出席した »