« 著者メッセージ: 酒井順子さん 『ユーミンの罪』 | トップページ | 文芸同人誌「R&W」(長久手市) »

2013年11月19日 (火)

文学フリマはタイトルマッチ!「放浪息子」精読を販売

山川豊太郎が漫画「放浪息子」精読して書いた評論、「成人男子のための『赤毛のアン』入門」、外狩、伊藤たちが第17回文学フリマに向けて文芸同志会で刊行した冊子の販売告知をしました。≪文芸同志会のひろば
 文学フリマ直後に出すべきであったが、山川の「『放浪息子』精読」が、現物がなくて写真ができなかった。文学フリマの会場で、1冊をそれようにもらって置いたのだが、見る見るうちに売れて行き、並べたものがなくなった。「すみません、さっき渡したんのを返して下さい」というので、返したら、それもすぐ売れてしまったのだ。店仕舞いに入った時にも買いに来た人がいた。が、もうないとわかって落胆していた。きのうやっと山川氏から1冊送られてきたので、セットで公開した。文学フリマのシステムは、入場者はまず参加者の作品を並べる見本紙コーナーにいって、買いたいものを探す。それが見つかれば、見本誌にブース番号が書いてあるので、そこに買いに行く。コーナーはスペースの関係で、3種しか置けない。だから、いかに目を引くタイトルにするかが、ポイントである。タイトルマチなのである。

|

« 著者メッセージ: 酒井順子さん 『ユーミンの罪』 | トップページ | 文芸同人誌「R&W」(長久手市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 著者メッセージ: 酒井順子さん 『ユーミンの罪』 | トップページ | 文芸同人誌「R&W」(長久手市) »