« 小説や詩の起源と歴史的発展段階論史観について | トップページ | 文芸同人誌評「週刊読書人」(2013年11月01日)白川正芳氏 »

2013年11月29日 (金)

文芸同人誌「海」88号(いなべ市)

【エッセイ「鈴木道彦先生と私」久田修】
 自分は外国語が読めないので、海外作家の名作は、翻訳に頼らざるを得ない。そうすると名翻訳者の名前だけを頼りに読書する。中野好夫、福田恒存、佐倉潤吾、田中小実昌、朝吹登水子。ここに出てくるミシェル・ウエルベックの翻訳の野崎歓氏など覚えていて忘れない。いずれも、会ったことはないが親しみを感じる人たちだ。
 鈴木道彦氏というと最近の図書館ではプルーストの棚がこの人が主流であろう。マルセル・プルースト「失われた時を求めて」の完訳者の生徒からの周辺事情となれば、文壇で注目されるのは間違いないだろう。興味のある人にはこんなに面白いエッセイはないはずだ。
【「光の来る道」遠藤昭巳】
 キリスト教の聖書を読む会で学ぶ人々の関係を描く。西欧的な発想の根源を日本でどのように根付いていくかがわかる。文学的にも不思議な味わいを持っていて、上記の作品の後に読んだせいか、なにか淀野隆三訳の「マルテの手記」を思い起こしてしまった。ただの過去の生活事情小説になるところを、宗教的な精神をからめた芸術性のあるものに高めている。どうしてそれが、出来たのか研究してみたい作品である。
【「泣くが嫌さに笑うて候」宇梶紀夫】
 作者は、かつて3・11の被災者を題材にした「赤いトマト」で第55回農民文学賞受賞している。時流をとらえて作品にする手腕は、器用といえば器用。ただ、どちらといえば娯楽小説的な面白さを追求する。本作品も建設会社の経営不振によるリストラ対策で、板挟みにあうドラマ。設定はいいが深みが不足。とくに対立した相手とともに主人公が退職してしまうのでは、つまらない。予定調和的すぎる。商業ベースのエンターテインメント的に徹し、労使間闘争にして、半沢直樹モノのように悪役、善役をはっきりさせる試みをしたらどうか、と思わせる。他人を犠牲にして生き残るしぶとさを描けば、それはそれでリアルな純文学に回帰するかもしれない。
発行所=511-0284三重県いなべ市大安町梅戸2321-1、遠藤方。
紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一

|

« 小説や詩の起源と歴史的発展段階論史観について | トップページ | 文芸同人誌評「週刊読書人」(2013年11月01日)白川正芳氏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小説や詩の起源と歴史的発展段階論史観について | トップページ | 文芸同人誌評「週刊読書人」(2013年11月01日)白川正芳氏 »