« 【文芸月評】「あらゆる手」使う新人(読売新聞) | トップページ | 第17回文学フリマ(平和島・TRC)店番記 »

2013年11月 4日 (月)

第17回文学フリマ(東京流通センター)参加してきました

 第17回文学フリマに参加してきました。≪参照:文芸同志会のひろば
 ブースに来ていただいた方々には、ありがとうございます。近年は、伊藤昭一と山川豊太郎のふたりで、企画やアピールをすることが続いていました。当会は、作家・個人を個別で支援する方針で、会合をもちません。しかし、今回は新入会員の外狩雅巳と小野友貴枝が店番にきてくれ、実質的に会合にもなりました。山川豊太郎の評論書2冊は、人気で売り切れ、伊藤の評論もそこそこ売れました。これからネットでも販売を開始します。
 現在メインのパソコンが故障し、キャパのないサブで入力をしています。まず、修理に出してからネット活動を再開します。

|

« 【文芸月評】「あらゆる手」使う新人(読売新聞) | トップページ | 第17回文学フリマ(平和島・TRC)店番記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【文芸月評】「あらゆる手」使う新人(読売新聞) | トップページ | 第17回文学フリマ(平和島・TRC)店番記 »