« 「トルネード」斎藤 なつみ ~~~~~~江素瑛 | トップページ | 体験と創作の関係 »

2013年9月14日 (土)

文芸同人誌「仙台文学」82号(仙台市)

 地域の「文学祭」などを行う宮城県芸術協会が公益法人化されたと編集後記にある。9月25日~20日には「象潟・酒田・鶴岡文学の旅」が行われるという。地域活動から離れて、遠くからの作品鑑賞は、妥当なのかどうか、疑問に感じることがある。余計な口出しであるが、なかには重要な研究資料もあるはずで、過去には、どの同人誌かは忘れたが、たまに研究者からの問い合わせもあったことがある。
【「天明の銀札始末~小人目付新兵衛見廻録」宇津志勇三】
 天明の飢饉で、食糧不足とインフレの惨状を描く歴史小説。仙台藩で22万人、4人に一人の餓死者が出たという。貴重な資料の存在と、それを活用した気力のこもった作品。日本的民族体質は、気候変動で幾度も飢饉に会いその体験を前提に、少カロリーで活動する体質に作られてきた。それが現代のように飽食時代になると、糖尿病になりやすい。これまでの民族的体質は失われてきているのではないか、と考えさせられる。
【「我が身を救う術は無く~仙台維新譜⑧」牛島富美二】
 これも歴史小説で、西洋渡来医師ヘボンに学んだ山田良琢の戊辰戦争の余波に巻き込まれ、富を得たことの世間の蔭口に見舞われ自死する悲劇を描く。過去の履歴には、当人しか知らない経緯があるはずだが、世間は表面的な見方で噂を囃す。それをなぜ、無視できなかったのか。現代でもあることで、考えさせられる史実である。
【「詩本論(二)詩の方向性と詩人の立場」酒谷博之】
 詩作の原点を真善美に置いた手法を理論的に解明している。
【「砦麻呂の末裔たち」高橋道子】
 日本の自然と伝統を原発事故で破壊された嘆きが伝わる。
【「石川啄木詩一編の謎~森に潜むもの」牛島富美二】
 啄木は「雲は天才である」という生前未発表の小説があり、そこに歌として登場する元の詩が、昭和十一年「情熱の詩人啄木」で映画化された時に助監督が加筆されて伝わっているのだという。そこから啄木が学校の裏山の森を想像力をもって愛したであろうことが記され、筆者の身近にある森の世界への愛着を語る。森には人間関係からではない、孤立感のない自律的な自由な孤独が得られるところがある。
紹介者「詩人回廊」編集人・伊藤昭一

|

« 「トルネード」斎藤 なつみ ~~~~~~江素瑛 | トップページ | 体験と創作の関係 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「トルネード」斎藤 なつみ ~~~~~~江素瑛 | トップページ | 体験と創作の関係 »