« 眞人堂・丸山健二文学賞の設立について | トップページ | 時代に流されて~外狩説話とゼロ世代の想像力 »

2013年8月18日 (日)

著者メッセージ: 波多野陸さん 『鶏が鳴く』

  どうも『鶏が鳴く』著者の波多野陸です。デビュー作です。この作品ではとにかく自分が面白いと思うことを詰め込みました。物語が持つことのできるシリアスさ、ユーモア、不可解さ、開放感、感動などなど、それらが混然一体となったものを書きたいと思ったからです。今、書いていた当時を振り返ると、ほとんどその〈詰め込んだ〉という感覚のみが蘇ります。(講談社『BOOK倶楽部メール』 2013年8月15日号より)
  ただ、僕自身、そういった試みから生まれたこの作品がある種の幼稚さを持っていることを否定しません。そうなったのは、主人公が高校生であるという内容の問題もあるでしょう。しかし、それ以上に、学問がどんどん分化 した結果、各々が極度に専門化しているのと同じように、おそらく今、小説の世界というのも専門化が進んで洗練されきった状態で、そんな中、専門的になりたくない(もしくはそうなれないほど頭のよくない)僕および僕の作品は端的に幼稚と見なされる、というのが本当のところだと思います。
  くどくどと書いてしまいました。読んでくれるだけで存外の喜び! と言いたいだけなのですが、本当に口が減らないですねえ・・・。ちなみに 『鶏が鳴く』の主人公二人の口の減らなさは僕の五十倍ぐらいです!お楽しみに! (波多野陸)

|

« 眞人堂・丸山健二文学賞の設立について | トップページ | 時代に流されて~外狩説話とゼロ世代の想像力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 眞人堂・丸山健二文学賞の設立について | トップページ | 時代に流されて~外狩説話とゼロ世代の想像力 »