« 詩の紹介 「きみはもう歳をとらない」 北原 溢郎 | トップページ | 文芸同人誌「相模文芸」第26号(相模原市) »

2013年7月14日 (日)

モデルの押切もえ氏が小説家としてデビュー

  モデルの押切もえ(33)が小説家としてデビューするという。8月7日に小学館から処女小説『浅き夢見し』を発売するが、「その出来がかなりいい」(編集関係者)と評判。 「小学館が出版するファッション誌『AneCan』が押切の本拠地ですから、通常ルートから発売することになったようですが、本人は文学賞の新人賞に応募することも考えたようです」モデルがエッセーを出したり、ファッションブックを出したりすることはお決まりの稼ぎ方だが、「イベントのたびに結婚願望を口にしていた押切が、なかなか結婚できない。どうも男運がない」とファッション関係者も残念そうに明かす。

|

« 詩の紹介 「きみはもう歳をとらない」 北原 溢郎 | トップページ | 文芸同人誌「相模文芸」第26号(相模原市) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 詩の紹介 「きみはもう歳をとらない」 北原 溢郎 | トップページ | 文芸同人誌「相模文芸」第26号(相模原市) »