« 第15回文学フリマ途中経過便り!まだ増えている参加者 | トップページ | 【Q1】村上春樹作品を読んだことはありますか? »

2012年11月 5日 (月)

著者メッセージ: 島本理生さん 『七緒のために』

  中学校の教室の風景を思い出すたびに、今も胸がざわつきます。埃っぽくて、授業は眠たくて、女の子同士の付き合いは面倒で。戻りたい わけでないけれど、ふとあの頃の自分に伝えたくなります。
  どんなにつらくても大人になること。そうしたら良くも悪くも、大半のこ とを忘れてしまうことを。『七緒のために』を書く前に、当時女友達からもらった手紙を読み返しました。その大部分が、自分のことを相手に分かってもらいたい、という切実な思いで溢れていて、まるで恋人に宛てたようでした。
  そんな女の子同士の痛みや危うさを形にしたい、と思いました。となりにいる女友達だけが唯一の理解者で、同時に、誰よりも自分を傷つける存在だった頃のことを。寄り添うほどにお互いを救えなかった記憶を、今、ようやく少し救えた気がします。(島本理生)(講談社『BOOK倶楽部メール』 2012年11月1日号より) 

|

« 第15回文学フリマ途中経過便り!まだ増えている参加者 | トップページ | 【Q1】村上春樹作品を読んだことはありますか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第15回文学フリマ途中経過便り!まだ増えている参加者 | トップページ | 【Q1】村上春樹作品を読んだことはありますか? »