« 山川豊太郎の散文に読む崩壊都市の世界(1) | トップページ | 山川豊太郎の散文に読む崩壊都市の世界(2) »

2012年5月20日 (日)

小泉八雲の三陸津波に関する蔵書…焼津で展示

.三陸津波に関する小泉八雲の蔵書…焼津で展示(2012年5月18日 読売新聞)
=  静岡県焼津市にゆかりがある小説家小泉八雲(ラフカディオ・ハーン、1850~1904年)の蔵書から、1896年の明治三陸地震についての英文冊子が見つかり、同市本中根の静岡福祉大付属図書館で展示されている。
 八雲は、安政南海大地震(1854年)の津波に襲われた紀州(和歌山県)で、稲束に火を放って村人に避難場所を伝えたという実話をもとに「生き神」を執筆。1896年に米国の雑誌に発表した。進藤さんは「怪談のイメージが強い八雲だが、自然災害についても関心をもっていたことも知ってほしい」と話している。
 展示は、7月31日までの平日午前9時~午後5時15分。祝日休館。入館無料。問い合わせは同館(054・623・7452)。 

|

« 山川豊太郎の散文に読む崩壊都市の世界(1) | トップページ | 山川豊太郎の散文に読む崩壊都市の世界(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 山川豊太郎の散文に読む崩壊都市の世界(1) | トップページ | 山川豊太郎の散文に読む崩壊都市の世界(2) »