« SNS「プロジェクト・アマテラス」で才能を発掘=講談社 | トップページ | 季刊「農民文学」第297号に農民文学賞受賞作「赤いトマト」掲載 »

2012年4月30日 (月)

電子出版物読み物は、スマートフォンで読むが増える=ビデオリサーチの調査

 ビデオリサーチの調査で、電子出版物を読むのにスマートフォン(高機能携帯電話)の利用が増えている。
 調査は昨年9~10月に実施。12~69歳の男女8163人から有効回答を得た。調査によると、過去6カ月に電子出版物を利用したのは7・1%で、前年度の6・7%をわずかに上回った。男女、年代別では、10、20代の男性、30、50代の女性の伸びが大きく、50代の男性、20代の女性では利用率が減少した。
 利用経験者に端末を聞いたところ(複数回答)、最も多かったのはパソコン(デスクトップ、ノート)。携帯電話、スマートフォンが同率で並び、タブレット型が続いた。
 パソコン、携帯電話は前年度に比べ利用率が減少。一方、スマートフォンは18・6%から35・4%、タブレット型は8・2%から14・6%と大きく数字を伸ばした。
 スマートフォンとそれ以外の端末での電子出版利用状況の比較では、小説、文芸書などの書籍、新聞、雑誌などではスマートフォンが多かったが、コミックではそれ以外の端末が使われるケースが目立った。
 また、スマートフォンでの電子出版利用経験者の7割超が今後も電子出版を利用したいとする意向を示し、その他の端末の場合よりも高かった。
                  ◇
 ■電子出版閲覧に利用した端末
               22年度 23年度

 パソコン(デスク、ノート) 40.8 38.3

 携帯電話          48.8 35.4

 スマートフォン       18.6 35.4

 タブレット端末        8.2 14.6

 電子ブックリーダー      1.0  2.9

 ネットブックパソコン     1.3  1.1

 その他            1.3  1.7

 わからない          3.1  1.5 (%)

|

« SNS「プロジェクト・アマテラス」で才能を発掘=講談社 | トップページ | 季刊「農民文学」第297号に農民文学賞受賞作「赤いトマト」掲載 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« SNS「プロジェクト・アマテラス」で才能を発掘=講談社 | トップページ | 季刊「農民文学」第297号に農民文学賞受賞作「赤いトマト」掲載 »