« 文芸月評(2012年3月2日 読売新聞)余白に響く震災後の声 | トップページ | 同人雑誌季評「季刊文科」2012年2月・55号 »

2012年3月 7日 (水)

高里椎奈さんの新作ファンタジーシリーズ開始

 こんにちは、高里と申します。お邪魔いたします。3月初旬に講談社ノベルスさんから、新作ファンタジー、『アケローンの邪神』を出させて頂く事になりました。
 以前、書かせて頂いたファンタジーは人と国のお話でしたが、今作は少し、剣と魔法よりです。呪文と共に指先から格好よく炎を飛ばしたり、剣に稲妻が迸ったりはしませんが、この世界の『魔法』とはどんなものか、シリーズを通じて、一緒に探して、考えて、見付けて頂けたらいいなと思っています。第一巻は新たな世界の序章となります。海の端に位置する島国と、統治する王、構成する民族、そして、これから人生を大きく変えていく人達の始まりの物語を皆様の許に迎えて頂ければ幸いです。
 追伸。懐かしい顔と再会する事がありましたら、心の中でそっと手を振って頂けたら嬉しく思います。【講談社ミステリーの館】2012年3月号。

|

« 文芸月評(2012年3月2日 読売新聞)余白に響く震災後の声 | トップページ | 同人雑誌季評「季刊文科」2012年2月・55号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文芸月評(2012年3月2日 読売新聞)余白に響く震災後の声 | トップページ | 同人雑誌季評「季刊文科」2012年2月・55号 »