« 高橋源一郎さん『恋する原発』 震災後、原発問題など言説への違和感 | トップページ | 同人誌時評「図書新聞」(2012年01月21日)福田信夫氏 »

2012年1月22日 (日)

伊藤桂一氏が同人誌「グループ桂」の講評を行う

 同人誌「グループ桂」の合評会で講評を作家の伊藤桂一氏が行う。なにしろ95歳の高齢で、健康を心配していたが、いたって元気。外出姿も年季が入っている。この姿はさまになっています。120118_001《記事参照:グループ桂のひろば》前立腺手術をした後は、さすがに衰えたかなと見えたが、やっかいなものを摘出したのですっかり体調を整えられたようで、以前より元気。詩の同人誌にはファンが多い。農民文学会の会員から、いつ先生の「囲む会」やるの?ときかれたが、それはちょっと無理。なんでも文芸家協会の理事で健康保険組合の管理もあり、新田次郎賞の選者など、かなりスケジュールが予定されているそうだ。
 「グループ桂」の今号には、詩人回廊にグループ桂の同人であった友人のK氏の自伝を引用したものを載せた。それを北一郎名義で掲載。《文芸の友と生活》これについて伊藤桂一先生は懐かしがって「いや、Kさんが宝石に書いていたなんて知らなかった。わたしの作品も賞の対象になったが、あとから、それは2番目でした、とかといわれて」と、曖昧にされたそうである。
 生前に言ってくれればK氏といろいろ思い出話ができたのにね、と語る。本号の編集者関係者は、このエッセイ風作品について「伊藤先生からこういう分野のものはふさわしくない、といわれるかと内心びくびくしていたが、よかったです」と安堵。私は同人で友人の追悼をしているので、よくないはずはない、と思っている。

|

« 高橋源一郎さん『恋する原発』 震災後、原発問題など言説への違和感 | トップページ | 同人誌時評「図書新聞」(2012年01月21日)福田信夫氏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 高橋源一郎さん『恋する原発』 震災後、原発問題など言説への違和感 | トップページ | 同人誌時評「図書新聞」(2012年01月21日)福田信夫氏 »