« 埴谷雄高の「自同律の不快」を考える  | トップページ |  西尾維新さん 『100パーセント趣味で書かれた小説です。』から »

2011年12月15日 (木)

詩の紹介  「ばら」  大井康暢

ばら       大井康暢

ばらを見たまえ
露が一滴玉のように落ちた
柔らかい花弁が
脂肪のように水をはねて
それだけがたった一つの存在でしかないように
じっとしている
大井康暢全詩集より 2011年11月 東京都板橋区・ コールサック社  

紹介者 江素瑛(詩人回廊
作者の詩人活動の早期の詩である。透き通る青春の美しさと誇らしさを素直に歌い、初々しさのある詩である。
「柔らかい花弁が
脂肪のように水をはねて」
 汚れを弾き、浸透されない、われ以外のものをはねて、自らの存在を主張し

|

« 埴谷雄高の「自同律の不快」を考える  | トップページ |  西尾維新さん 『100パーセント趣味で書かれた小説です。』から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 埴谷雄高の「自同律の不快」を考える  | トップページ |  西尾維新さん 『100パーセント趣味で書かれた小説です。』から »