« 「ことばの森から」小説編「毎日新聞」西日本地域版(11年3月21日)朝刊<1~3月>松下博文氏 | トップページ | 詩の紹介 「牛の生涯」 作者・小林忠明 (「新・原詩人」No36) »

2011年6月22日 (水)

著者メッセージ: 渡辺容子さん『エグゼクティブ・プロテクション』

 「あ、もしもし、スルガ警備保障ですか? 私、作家の渡辺容子と申します。 ……いえ、別に命を狙われているとか、爆弾が届いたとか、そこまでの危機 に直面しているってわけじゃないんですけど、八木さんに身辺警護をしても らいたいと思ってお電話しました、ハイ」
 勢いで打ち明けちゃいますと、作品の完成直後は、こんな電話を掛け、「八木」に身辺警護を依頼したい、と思わず本気で考えていたほどです。 そのくらい、「エグゼクティブ・プロテクション」は思い入れのある作品で
 あり、主人公の八木への愛着もひとしおです。
 八木は民間の警備会社に所属する警護員ですので、警視庁SPとは違い、拳銃は携行していません。そのかわり、民間ならではの「サービス」を武器に、依頼人を危険から守り抜こうとします。
 「あ、スルガ警備保障ですか? 八木さんに警護をお願いしたいんですけど」と、読後、電話を掛けたくなることを除けば、最後の1ページまでお楽しみ いただけるものと自負しております。 どうか皆様、八木の活躍を応援してくださいませ☆<渡辺容子>(講談社『BOOK倶楽部メール』 2011年6月15日号)

|

« 「ことばの森から」小説編「毎日新聞」西日本地域版(11年3月21日)朝刊<1~3月>松下博文氏 | トップページ | 詩の紹介 「牛の生涯」 作者・小林忠明 (「新・原詩人」No36) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ことばの森から」小説編「毎日新聞」西日本地域版(11年3月21日)朝刊<1~3月>松下博文氏 | トップページ | 詩の紹介 「牛の生涯」 作者・小林忠明 (「新・原詩人」No36) »