« 文芸月評(5月27日 読売新聞) | トップページ | 同人誌時評「図書新聞」(5月28日)(5月)福田信夫氏 »

2011年5月28日 (土)

大荒れの日本ペンクラブ・総会を穂高氏がレポート

穂高健一氏が、《大荒れの日本ペンクラブ・総会》をホームページでレポートしています。
 なお、日本ペンクラブは新会長に浅田次郎氏が就任した。昨年開催された国際ペン東京大会での不適切会計処理について調査を行うことを決定した。国際大会は当初、1億7760万円の予算だったが、実際には2億3042万円と大幅な支出超過となっていた。また、同大会で一部業務を委託されていた会議運営会社が事務処理を行うため「簿外口座」を作り、同口座内で不明瞭な支出が発生していたという。

.…………………… ☆ ……………………
<お知らせ> 情報の多様化に参加のため「暮らしのノートPJ・ITO」ニュースサイトを起動させました。運営する団体・企業の存在感を高めるため、ホームページへのアクセスアップのためにこのサイトの「カテゴリー」スペースを掲示しませんか。文芸同志会年会費4800円、同人誌表紙写真、編集後記掲載料800円(同人雑誌のみ、個人で作品発表をしたい方は詩人回廊に発表の庭を作れます。)。企業は別途取材費が必要です。検索の事例
連携サイト穂高健一ワールド

|

« 文芸月評(5月27日 読売新聞) | トップページ | 同人誌時評「図書新聞」(5月28日)(5月)福田信夫氏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文芸月評(5月27日 読売新聞) | トップページ | 同人誌時評「図書新聞」(5月28日)(5月)福田信夫氏 »