« 同人誌「婦人文芸」89号(東京) | トップページ | 西日本文学展望「西日本新聞」4月29日(金)朝刊/長野秀樹氏 »

2011年5月 5日 (木)

詩の紹介 「喪失」 作者・丸本明子(「小説芸術」53号)

「喪失」  丸本明子
過去の袋のなかに/送り込んで/詰めて行く/いつの間にか/喪失している

喪失した/一つ一つの/物象が/駆け足で/戻ってくる/優しさと/痛みと/悔いと/悲しみを/包み込んで/回っている/懐かしい/顔と顔が/迫ってくる

吹雪が/景色を消す/顔と顔を消す/過去 現在 未来の/袋を抱えて/四辻に/佇んでいる/足元が/雪に/包まれていく
「小説芸術」53号より 2011年 5月  新座市新堀・小説芸術社

紹介者 江素瑛・(詩人回廊)
いつの間にか消えていたものが、いつの間にかまた戻ってくる。実際は消えることなく、脳裡のどこかに透明化させる袋がある。あるいは予測される未来。いつの間にか身体の時計が効かなくなり、時の見分けがなくなり、「吹雪が/景色を消す」脳は真っ白になり、「袋を抱えて/四辻に/佇んでいる」。誰でも何時になる悩みの重荷、捨てると身軽になるが、捨てがたいものがある。作者は「袋」で表現することは上手です。
プラスのことより、マイナスのことに記憶の再現力があるのか。改めて考えました。
…………………… ☆ ……………………
テレビが新聞を読み上げる時代になりました。情報ルートが単純化して選択の自由が失われつつあります。情報の多様化のため「暮らしのノートPJ・ITO」起動させました。運営する団体・企業の存在感を高めるため、ホームページへのアクセスアップのためにこのサイトの「カテゴリー」スペースを掲示しませんか。文芸同志会年会費4800円、同人誌表紙写真、編集後記掲載料800円(同人雑誌のみ、個人で作品発表をしたい方は詩人回廊に発表の庭を作れます。)。企業は別途取材費が必要です。検索の事例

|

« 同人誌「婦人文芸」89号(東京) | トップページ | 西日本文学展望「西日本新聞」4月29日(金)朝刊/長野秀樹氏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 同人誌「婦人文芸」89号(東京) | トップページ | 西日本文学展望「西日本新聞」4月29日(金)朝刊/長野秀樹氏 »