« 同人誌「孤帆」17号(川崎市)(1) | トップページ | 著者メッセージ: 町田康さん 『猫とあほんだら』 »

2011年5月16日 (月)

同人誌「小説と詩と評論」第330号(東京都)

 本誌には第7回森田雄蔵賞の受賞作が、加奈山径氏の詩・「私小説」(同人誌「ふたり」)と、尾関忠雄「タヒチの幻想」(同人誌「北斗」)に決まったとある。受賞の言葉と選考委員である、岩田光子、石川友也、野辺慎一、陽羅義光、各氏の選評がある。
 森田雄蔵氏(1910~1990)は、「小説と詩と評論」の元発行人で、木々高太郎氏(直木賞作家)が創刊した本誌を20年以上にわたり主宰し、継承した方だそうである。
【「死後述懐」陽羅義光】
 ―私はもう死んでいる―からタイトルどおりに死者になったばかりの男の独白。散文詩的なイメージで表現してある。ジェームスジイスの「ユリシーズ」の意識の流れに似たような手法だが、この方が日本的でわかりやすく面白いかも。
【「一笠一杖―四国冬へんろ日誌」雨宮湘介】
 遍路日誌は多いが、読めば面白い。1月15日のなかに「空」の解説があり、その説明ぶりが、日本での「空」の解釈として読むと興味深い。
【「優しい貴方」畠山拓】
 講演をする男につかず離れずの女性の独白体小説。男を「貴方」と称して、彼の講演先での女性関係を観る。恋愛感情をからめて、謎があり、年齢不詳の不気味な味もあって面白い。
【「雑木林の下で」宮部友子】
 この女性も中年か、人間関係のない観察的な女性から見た幻想的社会風景。
【「究極のギャンブラー」美倉健治】
 ギャンブル好きのペンキ職人のギャンブラーへの憧れ、夢を語るが、意外と手堅い話で、これもギャンブラーのひとつの姿か。作者はあまりギャンブルをしないらしく、競馬、競輪、競艇へのイメージぶりがわかって面白い。
【「詩に出会うときⅩⅡ」石川友也】
 ランボーの評論である。訳はいろいろなのがあるが、ここでは粟津則雄訳。70歳の詩人がランボーに宛てた手紙のスタイルが洒落ている。作者のやわらかな心が伝わってくる。まさに、
見つけたぞ 何を?  永遠!!太陽と海が番ったのを

発行所=123-0864足立区鹿浜3-4-22、のべる出版。


…………………… ☆ ……………………
テレビが新聞を読み上げる時代になりました。情報ルートが単純化しすぎています。情報の多様化に参加のため「暮らしのノートPJ・ITO」ニュースサイトを起動させました。運営する団体・企業の存在感を高めるため、ホームページへのアクセスアップのためにこのサイトの「カテゴリー」スペースを掲示しませんか。文芸同志会年会費4800円、同人誌表紙写真、編集後記掲載料800円(同人雑誌のみ、個人で作品発表をしたい方は詩人回廊に発表の庭を作れます。)。企業は別途取材費が必要です。検索の事例
連携サイト穂高健一ワールド

|

« 同人誌「孤帆」17号(川崎市)(1) | トップページ | 著者メッセージ: 町田康さん 『猫とあほんだら』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 同人誌「孤帆」17号(川崎市)(1) | トップページ | 著者メッセージ: 町田康さん 『猫とあほんだら』 »