« 同人誌時評(3月)「図書新聞」(2011年4月23)たかとう匡子氏 | トップページ | 同人誌「風の森」15号(東京) »

2011年4月26日 (火)

文芸同人誌評「週刊読書人」2011年4月1日)白川正芳氏

『SEITO百人一首 二〇一〇』(同志社女子大学)
須田茂「カズオ・イシグロにおける『越境』の内景」(「ペガーダ」10号)、「群獣」12号より長谷川寛「文学と政治の狭間で……検証・通信部時代」、「朝」30号より中村俊輔「新説 真杉静枝 第二十話」、「胞山」23号より久野治「やみものと加藤氏」
「鐘」23号より第28回大阪女性文芸賞受賞作は片岡真「ゆらぎ」、佳作は片島麦子「透明になった犬の話」
森啓夫「電話が繋いだ恩愛の絆」(「文学街」281号)、和泉志のぶ「お百度参り」(「まくた」271号)、よしのあざ丸「各駅停車に乗り換えて」(季刊「午前」44号)、伊東貴之「虚構のカルテ」(「八月の群れ」53号)、渡部美恵子「手紙」(「山形文学」100号)、菊田均「歴史徒然」(「時空」34号)
(「文芸同人誌案内」掲示板・ひわきさんまとめ)

|

« 同人誌時評(3月)「図書新聞」(2011年4月23)たかとう匡子氏 | トップページ | 同人誌「風の森」15号(東京) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 同人誌時評(3月)「図書新聞」(2011年4月23)たかとう匡子氏 | トップページ | 同人誌「風の森」15号(東京) »