«  「第11回文学フリマ」における60歳代~70歳参加体験レポート(1) | トップページ | 同人誌評「季刊文科」第50号2010年11月13日発行 »

2010年12月10日 (金)

西日本文学展望「西日本新聞」12月1日朝刊長野秀樹氏

題「焦点化」
随筆作品より、白石範子さん「ミミとチビー二匹の猫のはなし」(「あかね」87号、鹿児島市)、山下真一さん「もや風呂」(「雑草あらくさ」16号、福岡県筑後市)
「あかね」今号の課題は「あの日あのころ」で、四本タエコさん「辛夷(こぶし)の花」、米満淳子さん「父の哀(かな)しみと共に」
「草茫々(くさぼうぼう)通信2号は草市潤さんの特集
小説では、「すとろんぼり」9号(福岡県久留米市)より後藤みな子さん「高円寺へ」、松原新一さんと岩佐裕見さんの対談「呼び戻される<家族>」
古岡孝信さんの文芸個人誌「二十一せいき」16号(大分市)より「風が哭(な)く」
福岡市文学館(中央区天神)と福岡市総合図書館(早良区百道浜)での企画展「檀(だん)と真鍋(まなべ)」の同名の図録
(「文芸同人誌案内」掲示板・ひわきさんまとめ)

|

«  「第11回文学フリマ」における60歳代~70歳参加体験レポート(1) | トップページ | 同人誌評「季刊文科」第50号2010年11月13日発行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



«  「第11回文学フリマ」における60歳代~70歳参加体験レポート(1) | トップページ | 同人誌評「季刊文科」第50号2010年11月13日発行 »