« 著者メッセージ: 西尾維新さん | トップページ | 西日本文学展望(西日本新聞8月3日朝刊)長野秀樹氏 »

2010年8月 4日 (水)

文芸時評7月(毎日新聞7月28日)田中和生氏

<「戦後日本」的文学>
戦前から続く主体の欠如/「悪」の当事者意識、今こそ必要
《対象作品》伊藤祐吏『戦後論 日本人に戦争をした「当事者意識」はあるのか』/高橋源一郎『「悪」と戦う』/島田雅彦「悪貨」/よしもとばなな「どんぐり姉妹」(新潮)/星野智幸「俺俺(おれおれ)」(新潮社)/長島有里枝「スーパーヒロイン」(群像)。

|

« 著者メッセージ: 西尾維新さん | トップページ | 西日本文学展望(西日本新聞8月3日朝刊)長野秀樹氏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 著者メッセージ: 西尾維新さん | トップページ | 西日本文学展望(西日本新聞8月3日朝刊)長野秀樹氏 »