« ドラマの小道具に25年前の同人雑誌の現物が登場するのか。 | トップページ | 小説の盗用訴訟人の控訴を棄却。「弁護士のくず」訴訟  »

2010年7月12日 (月)

文芸同人誌評「週刊読書人」(2010年7月2日付)白川正芳氏

《対象作品》小名木綱夫『羽田 蒲田物語』(私家版 現代短歌評論社発行)、水木怜「エンゼルベイビイ」(「旅かばん」創刊号)、尾内達也「欧州俳句の試み」(「COAL SACK 石炭袋」66号)
畑島剛「山の音 奥山温泉」(「佐賀文学」27号)、田中純司「夕陽録断簡」(「青稲」84号)、興津喜四郎「増井林太郎翁昆虫資料」(「丁卯」27号)、嶋本茂男「ありがとう 生きて歩いて山登り」(「ベルク」109号)
(「文芸同人誌案内」掲示板・ひわきさんまとめ)

|

« ドラマの小道具に25年前の同人雑誌の現物が登場するのか。 | トップページ | 小説の盗用訴訟人の控訴を棄却。「弁護士のくず」訴訟  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ドラマの小道具に25年前の同人雑誌の現物が登場するのか。 | トップページ | 小説の盗用訴訟人の控訴を棄却。「弁護士のくず」訴訟  »