« 文芸時評3月(毎日新聞3月29日)=川村湊氏(担当・最終回) | トップページ | 文芸時評3月(東京新聞3月31日)沼野充義氏 »

2010年4月 2日 (金)

詩の紹介 「空洞の鞄」清水正吾

空洞の鞄    清水正吾

妻の鞄を捨てる/廃棄する手続きに/市役所の310円券を買う
  巨きな銀色の旅行鞄は空輸を繰り返し/古びて傷んでいる

鞄には十日分の着替えが詰め込まれ/ベルトでかたく締め付ける
  カートで空港を引き回し/金属の刃 薬物点検のゲートを通過する

着陸するたびに馬蹄形に流れるベルトから/鞄を引き取る/目印にと
  結んだ朱色の手巾は/無防備にもぎ取られていた

国境のスタンプがぎっしり捺印された/二冊のパスポート
  妻の鞄は危険情報の空を旅して/入国不可の国を巡り鞄だけ戻ってきた

三冊目の十年有効のパスポートは/白紙のまま
  妻は逝った/あれから十年になる

空洞になった妻の鞄を捨てる/閉じた口金の蓋を/ぱっくり開けて見る/すべすべした布切れの内ポケットに/小さく光るカギと
  凍りつく手首/妻が写る楕円形の手鏡が在った

<紹介者・「詩人回廊」江素瑛>
「妻は逝った/  あれから十年になる」「  入国不可の国を巡り鞄だけ戻ってきた」
妻が逝って行ってしまった国は、鞄が入国不能なので、戻ってきた。鞄から記憶の時間を一段また一段と汲みだす。空洞になった妻の鞄に、一緒に旅をする情景、深い思い出が満ちている。
     詩誌「幻竜」11号より(2010年3月   川口市・幻竜舎)

|

« 文芸時評3月(毎日新聞3月29日)=川村湊氏(担当・最終回) | トップページ | 文芸時評3月(東京新聞3月31日)沼野充義氏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文芸時評3月(毎日新聞3月29日)=川村湊氏(担当・最終回) | トップページ | 文芸時評3月(東京新聞3月31日)沼野充義氏 »