« 【Q1】外出するとき本を持参しますか? | トップページ | <文学3月>(読売新聞3月23日)家長と余分者の距離 »

2010年3月23日 (火)

<詩の紹介> 「日時計」青葉茂

私は一度も死んだことがありません だから、よく解らないのが 静かに息を
吸いながら あなたの詩をゆっくりと読みました ゆっくりと

もう一度と言う声にうながされ 残照の黄色の花に気がついた

紅いバラが大好きなあの人は 陽炎ゆらめく春の野を 小川へ遊びに歩いてた 忙しげな揚げひばりの声も 明るい空の光も気にせずに 赤い鼻緒の下駄はいて はしゃぐ影法師追いかけて 小さな日時計手に持って
 
詩集 「啄木鳥」より(09年12月 東京都杉並区 青葉茂)

(紹介者 江素瑛)
 一人の老いた男と、いつまでも小さな女の子と存在している「あなた」との思い出が、静かな時空で織りなす美しさ。透きとおった小渓の流れのような詩である。

|

« 【Q1】外出するとき本を持参しますか? | トップページ | <文学3月>(読売新聞3月23日)家長と余分者の距離 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【Q1】外出するとき本を持参しますか? | トップページ | <文学3月>(読売新聞3月23日)家長と余分者の距離 »