« 同人誌「カオス」第17号(西東京市) | トップページ | 東浩紀『クォンタム・ファミリーズ』(新潮社)が店頭で見当たらなかった話 »

2010年2月13日 (土)

石原慎太郎都知事の観た「文学と世相」

 世相を憂うなら、都立日比谷図書館がぼろぼろで、集まった文芸同人誌を寄贈したいといったら、整理する本が多く受けられないという。なんでも日比谷図書館は千代田区に移管するのだとかいう話もでた。
 作家なんだからオリンピック招致よりも文芸文化の維持の方が重要だと思うのだが。文学で人心を高めると世相も変わるのでは。
石原慎太郎都知事の観た「文学と世相」
 太宰治は文弱の徒とするなら文芸同志会は文強の徒をめざす人たちを支援します。自分のことは自分でアピールするが情報交流をしたいという方は会員になりましょう。見返りの約束はなく、年会費4800円です。すでに相聞歌サイトの近藤圭太代表とも連携支援し、近藤氏は社長ブログのビジネス化など、事業展開をしています。今年は間もなくさらに2団体加入するので支援活動をします。

|

« 同人誌「カオス」第17号(西東京市) | トップページ | 東浩紀『クォンタム・ファミリーズ』(新潮社)が店頭で見当たらなかった話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 同人誌「カオス」第17号(西東京市) | トップページ | 東浩紀『クォンタム・ファミリーズ』(新潮社)が店頭で見当たらなかった話 »