« 「毎日新聞」西日本地域版(09年12月21日)「言葉の森から」小説編<10~12月>松下博文氏 | トップページ | 西日本文学展望「西日本新聞」(12月29日朝刊)長野秀樹氏 »

2009年12月29日 (火)

09文化部記者のベスト3(三品貴志)「1Q84」を除くと… 「文芸書」編

 出版業界の今年を振り返ってみれば、村上春樹『1Q84』(新潮社)に尽きる1年だったと言っていいだろう。出版不況が叫ばれる中、とにかく売れに売れた同作は、新潮社によると、12月初旬までにBOOK1、BOOK2合わせて累計223万部を発行、トーハンやオリコンの年間ベストセラーでも1位を飾った。平成21年2月のイスラエル最高の文学賞「エルサレム賞」受賞スピーチに始まり、今年は“ハルキ人気”を再確認させられた1年だった。
 そんな中、誠に僭越(せんえつ)ながら、今年の文芸書ベスト3を選ばせていただくことになった。選定に当たっては、やはり“しばり”がないと興がそがれるので、今年「単行本化」された国内作家の文芸書のうち、(1)『1Q84』を除く(2)文学賞・文芸賞受賞作を除く-という条件を付してみた。異議申し立てやおしかりがあるかもしれないが、独断と偏見で選んだ3冊は以下の通り。
(1)中村文則『掏摸(スリ)』(河出書房新社・1365円)
(2)桐野夏生『IN』(集英社・1575円)
(3)古井由吉『人生の色気』(新潮社・1680円)
 1位の中村文則は、17年に『土の中の子供』で芥川賞を受賞した作家で、硬質な文体と「純文学」の王道を行くような古典的テーマ性を持つ作品で知られる。8冊目の単行本となる本作の主人公は天才スリ師。濃密だが平易な文体でつづられたスリの緊迫感は小気味よく、ぐいぐい読み進められる。硬派な筆致と物語の娯楽性が見事に融合し、作者の新境地を開いている。今作で完結はしているものの、“続編”の期待も込めて1位とした。
 続いて2位の桐野夏生は、言わずと知れたベストセラー作家。編集者との不倫関係を終わらせた女性作家が、恋愛の「抹殺」をテーマにした新作小説の執筆のため、物故した男性作家の謎の不倫相手の取材に取りかかる。真実とは、そして小説の「虚構」とは-。ドラマ、映画化もされた代表作『OUT』に呼応するタイトルの本作は、作者の小説観が強くにじみ出た刺激的な作品だ。
 3位の古井由吉『人生の色気』は、小説ではなく、著者本人がインタビューや対談で語った言葉をエッセー風に編集者がまとめた。難解な文体で知られる純文学作家が、自身の戦争体験や作家半生、青年期や老いをめぐる考察について、日本特有の「エロス」を絡めながら語っている。今の人に「色気がなくなった」のはなぜか-。文学好き以外の読者にもぜひ手にとってほしい一冊だ。(三品貴志)(産経ニュース09.12.29)

|

« 「毎日新聞」西日本地域版(09年12月21日)「言葉の森から」小説編<10~12月>松下博文氏 | トップページ | 西日本文学展望「西日本新聞」(12月29日朝刊)長野秀樹氏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「毎日新聞」西日本地域版(09年12月21日)「言葉の森から」小説編<10~12月>松下博文氏 | トップページ | 西日本文学展望「西日本新聞」(12月29日朝刊)長野秀樹氏 »