« 詩の紹介 「崖に打ち寄せる波」大井康暢 | トップページ | 第109回文学界新人賞に奥田真理子さんの「ディヴィジョン」 »

2009年10月26日 (月)

「本の学校」を運営、第57回菊池寛賞の永井伸和さん

 本と人とを橋渡しする人材の育成を目指した「本の学校」を1995年、鳥取県米子市に開いた。同市の米子今井書店(現今井書店グループ)経営者として、進む活字離れに危機感を持ったのがきっかけだ。書店と図書室、研修室を備える。読み聞かせ活動などに取り組む人に交流の場を提供し、文学講座も開いてきた。
 業界の若手を集め、書店の役割を考える会合も開催している。95年に開いたシンポジウムに「朝の10分間読書」を提唱した千葉県の高校教師を招いたのを機に、参加者らで普及のための団体が発足。全国の小中高校に広がった。
 書店は5代目で、生活の中に常に活字があった。自室も本で埋まり「家族はあきれてます」と苦笑。「紺屋の白袴で、読みたい本を開く時間がない」のが目下の悩みだ。
 受賞を喜ぶ一方、「ネット中心の社会で出版不況の出口は見えず、闇夜に船をこぎ出す思い」とも。理想はドイツの書店だ。書店員の多くが専門の職業教育を受け、読書家の好奇心に応える。「本と人の出会いを支える基盤づくりを」。情熱は尽きない。(09年10月23日、読売新聞・米子支局 大櫃裕一、写真も)

|

« 詩の紹介 「崖に打ち寄せる波」大井康暢 | トップページ | 第109回文学界新人賞に奥田真理子さんの「ディヴィジョン」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 詩の紹介 「崖に打ち寄せる波」大井康暢 | トップページ | 第109回文学界新人賞に奥田真理子さんの「ディヴィジョン」 »