« 文芸時評<文学10月>(読売新聞)作家、空虚な現代に対峙 | トップページ | 同人誌時評「図書新聞」09年10月24日、福田信夫氏 »

2009年10月31日 (土)

文芸同人誌評「週刊 読書人」009年10月9日、白川正芳氏

小松陽子「春の夢」(「木木」22号)、同誌より河村剛「家系の記」
藤岡侑子「紅花は語る(「アミーゴ」62号)
「矢作川」10号の著者紹介がユニーク。同誌より小野滋美華「江戸のリサイクル」、大浜太郎「良寛さん」
「群系」23号より間島康子「埴谷雄高『闇の中の黒い馬』」、高比良直美「詩人野上彰の足跡を訪ねて海鹿島(あしかじま)へ」
「千年紀文学」81号より小畑精和「物語の相対化と現実の希薄化」
津坂治男「軌跡」50号、遠山アキ「チャッコピー先生奮闘記」、岸本静江「岸田劉生」(「槇」32号)、上田千之「晩年の家」(「渤海」58号)(「文芸同人誌案内)ひわきさんまとめ)

|

« 文芸時評<文学10月>(読売新聞)作家、空虚な現代に対峙 | トップページ | 同人誌時評「図書新聞」09年10月24日、福田信夫氏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 文芸時評<文学10月>(読売新聞)作家、空虚な現代に対峙 | トップページ | 同人誌時評「図書新聞」09年10月24日、福田信夫氏 »