«  同人誌「安藝文学」77号(広島市) | トップページ | 出版8社が新販売制導入へ!26タイトルを配本 »

2009年7月11日 (土)

文芸同人誌評「週刊 読書人」(09年6月19日付)白川正芳氏

野口存弥「太宰治と菊田義孝」(「群系」27号)、江橋瑞枝「父・十八年ぶりのクラス会・エキストラ・財布・息子」(「窓」26号)、藤澤茂弘「名古屋のどえりゃー男 山田才吉物語」(「じゅん文学」59号)、森谷篁一郎「『自分の本領』に飛び移れない」(「米子文学」55号)、山中光一「言葉を考える」(「青稲」82号)
上坂高生『ベレー帽の行方』(武蔵野書房)収録の短篇「過日」などをまとめた「蕗の薹」(「碑」92号)
田中きわ子「旅人 海へ放つ(尾崎放哉)」(「ハマ文芸」40号)、「みちくさ」2号より「特集 鴎外と藤村」、清水信講演「満点の星の下」(「北斗」5月号)、永久ひさ子「読書会記録海辺のカフカ」(「ふくやま文学」21号)。(「文芸同人誌案内」掲示板・日和貴さんまとめ)

|

«  同人誌「安藝文学」77号(広島市) | トップページ | 出版8社が新販売制導入へ!26タイトルを配本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



«  同人誌「安藝文学」77号(広島市) | トップページ | 出版8社が新販売制導入へ!26タイトルを配本 »