« 著者メッセージ: 西尾維新さん | トップページ | 「同人誌時評(10月)」「図書新聞」2008.12.13、たかとう匡子氏 »

2008年12月16日 (火)

詩の紹介 あなたが去った後に 作者 張 徳本

( 訳 & 紹介者 江 素瑛 ) 
今の数多くの台湾文学者は、旧い漢字を使う北京語と、もともと言葉があっても文字のない、漢字、ローマ字、日本占領時代に作った字などで、試行運転中の台湾語で作品を書いている。
この作品も北京語と台湾語を混ぜ書き上げたものである。詩の理解者である女性が遠くへ行ってしまった時の、まわりの少しばかりの変化が、いかにも自分に深く打たれるのか、素直な感傷的な詩である。第五フレーズ、「高すぎて 低すぎて 太りすぎて 痩せすぎて 人が行ったり来ったり/ しかし詩を知るあなたの軽やかな姿が見えない」。「そのひと限り」の恋の特質を歌っている。
ここで、「少しばかり」というのは、日本語で「少し、ひどいんじゃないの」というと、文字通りの「少しばかり」でなくて、「大変に」という意味なる。この詩でも「小さい」という言葉が使われているが、それは大きいという意味であり、使い方が日本語に似ている。

        ☆
「あなたが去った後に」  張 徳本

あなたが去った後の町には/ きっと少しばかりの重量が減ったでしょう/ 落葉が散っている街路を/ 街路樹は別れた恋人の足跡を刻む
あなたが去った後の町には/ きっと少しばかりの音声が減ったでしょう/ 音符が砂塵にまみれて/ 奏でる手を待っている
あなたが去った後の町には/ きっと少しばかりの香りが減ったでしょう/ お風呂あがりのすべすべな黒髪/ 枕もとに匂う  
あなたが去った後の町には/ きっと少しばかりの顔色が減ったでしょう/ 臙脂白粉に満ちた女の群れに/ さりげなく垢抜けたあなたが見えない
あなたが去った後の町には/ ただ一人の人影が失われただけなのでしょうか/ 高すぎて 低すぎて 太りすぎて 痩せすぎて 人が行ったり来ったり/ しかし詩を知るあなたの軽やかな姿が見えない   
あなたが去ってしまった後/ 町の人々は相変わらず生活している/ 黄昏の草原にひとりで時々散歩する私/ 地球の彼方に夜中のあなたの夢に/ 暮れてすぐの月 微かな星屑 / 異郷で熟睡しているかもしれないあなたの寝顔をさがして

( 台湾文学評論より・Vol.8 No.4  08・10 台湾文学資料館 )

|

« 著者メッセージ: 西尾維新さん | トップページ | 「同人誌時評(10月)」「図書新聞」2008.12.13、たかとう匡子氏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 著者メッセージ: 西尾維新さん | トップページ | 「同人誌時評(10月)」「図書新聞」2008.12.13、たかとう匡子氏 »