« 「死の棘」島尾敏雄の日記・習作など4編発見 | トップページ | 文芸時評(毎日新聞)11月25日=川村湊(文芸評論家) »

2008年11月28日 (金)

谷崎記念館の管理者に読売大阪本社など

 兵庫県芦屋市は25日、市谷崎潤一郎記念館の2009年4月からの指定管理者に、読売新聞大阪本社、武庫川学院、中央公論新社、大阪よみうり文化センターの4者でつくる事業連合を選んだと発表した。12月2日開会の定例議会に提案、可決されれば来年4月から5年間、運営にあたる。 選考理由について市は「事業内容、総合的な施設管理計画が優れている」としている。

 記念館は1988年、同市伊勢町に開館。「細雪」「春琴抄」などの作品で知られる作家・谷崎潤一郎(1886~1965)の直筆原稿や遺品など約1万1600点を収蔵・展示している。谷崎の京都市の居宅にあった庭園を模した庭もある。

|

« 「死の棘」島尾敏雄の日記・習作など4編発見 | トップページ | 文芸時評(毎日新聞)11月25日=川村湊(文芸評論家) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「死の棘」島尾敏雄の日記・習作など4編発見 | トップページ | 文芸時評(毎日新聞)11月25日=川村湊(文芸評論家) »