« 同人誌「グループ桂」(小山市)」59号に関するエピソード(5) | トップページ | 同人誌「グループ桂」(小山市)」59号に関するエピソード(6) »

2008年11月15日 (土)

「good!アフタヌーン」(講談社)創刊号が重版

  「good!アフタヌーン」は、11月7日に10万部で創刊し、その後の売行きも好調でマンガ雑誌としては異例の重版を決定。21日出来で8000部を増刷する。同社広報室は「本来はもっと重版をかけるところだが、新連載『純潔のマリア』(石川雅之氏)のフィギュアを付録につけているため、フィギュアの制作が間に合う最大値が8000部だった」と説明している。同誌は、「アフタヌーン」「イブニング」「モーニング」の3誌の編集部が手がける隔月刊のマンガ誌。青年誌、少年誌、少女マンガなど、これまでのマンガ誌の枠組みを超え、「面白ければなんだったよくないですか?」という発想で誌面構成。「もやしもん」の石川氏の新連載のほか、「スカイハイ」の高橋ツトム氏の「地雷震 diablo」、「ああっ女神さまっ」の藤島康介氏の「パラダイスレジデンス」など各誌のエース級から新鋭作家など多様で重厚なラインアップを取り揃えている。

|

« 同人誌「グループ桂」(小山市)」59号に関するエピソード(5) | トップページ | 同人誌「グループ桂」(小山市)」59号に関するエピソード(6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 同人誌「グループ桂」(小山市)」59号に関するエピソード(5) | トップページ | 同人誌「グループ桂」(小山市)」59号に関するエピソード(6) »