« 「歴史文学大賞」を来年に復活!中経出版が新人物往来社の事業を取得 | トップページ | マンガ雑誌「モーニング・ツー」(講談社)ネットで前号を無料公開 »

2008年10月21日 (火)

ネットの本文サービスに過大掲載留意を要請=日本文藝家協会

日本文藝家協会は、10月16日付で、「出版社各位」に宛てた文書を配布。アマゾンジャパン「なか見!検索」、グーグル「ブック検索」など書誌情報だけでなく本文も読めるサービスについて、「販売促進」の範疇を超えて「読了」できるレベルのものがあり、「過大な公開を避けてほしい」との意見が理事会であがっていると説明。出版社に作品掲載の許諾を出す場合にその範囲に留意してほしいと伝えるとともに、出版社によっては著作者の許諾を得ていないことも指摘し、必ず許諾を得るよう要請している。同協会によると、文書は517社に配布した。

|

« 「歴史文学大賞」を来年に復活!中経出版が新人物往来社の事業を取得 | トップページ | マンガ雑誌「モーニング・ツー」(講談社)ネットで前号を無料公開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「歴史文学大賞」を来年に復活!中経出版が新人物往来社の事業を取得 | トップページ | マンガ雑誌「モーニング・ツー」(講談社)ネットで前号を無料公開 »