« 同人誌作品紹介「りありすと」74号(東京都) | トップページ | 文芸時評 「讀賣新聞」10月3日夕刊(九州)・松本常彦氏 »

2008年10月 4日 (土)

「堀田善衞上海日記」(集英社)を11月刊行!上海滞在日記を発見

鋭い国際感覚で知られる作家・堀田善衞(1918~98)が、終戦前後に上海に滞在した際の日記が発見された。
 日記には当時の上海の様子とともに、後の小説にもつながる体験が数多く記されている。
 日記は1945年8月6日から46年11月まで、ノート3冊に断続的に書かれている。昨年夏に遺族らが遺品を調べ2冊が判明。今年6月には、神奈川近代文学館(横浜市)に堀田家から寄贈されていた資料の中から3冊目が確認された。
 同時期に上海にいた武田泰淳らとの交流が描かれ、芥川賞受賞作「広場の孤独」「漢奸(かんかん)」などのエピソードに似た記述もある。
 資料を調べた紅野謙介日大教授は「国際派作家・堀田の視座を作る体験が詳細に記されている」と語った。
 日記は、4日から同館で展示され、11月には「堀田善衞上海日記」(集英社)として刊行される。(08年10月3日20時14分 読売新聞)

|

« 同人誌作品紹介「りありすと」74号(東京都) | トップページ | 文芸時評 「讀賣新聞」10月3日夕刊(九州)・松本常彦氏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 同人誌作品紹介「りありすと」74号(東京都) | トップページ | 文芸時評 「讀賣新聞」10月3日夕刊(九州)・松本常彦氏 »