« 講談社が創業100周年で「書き下ろし100冊」発刊 | トップページ | 雑誌「中部ぺん」第15号・座談会「日本の戦後文学の再検討」の意味するもの »

2008年9月 2日 (火)

ブックオフが新刊書店運営会社を買収へ

ブックオフはヤオコー子会社で「TSUTAYA」22店舗などを運営する㈱ワイシーシー(本社=埼玉・川越)の全株式を9月30日付で取得、100%出資の子会社とする。同社初のM&A。ワイシーシーの平成20年3月期売上高は88億8600万円、このうち新刊書籍の売上高は33億8200万円。
ブックオフコーポレーションでは「1年前に先方から依頼を受け協議してきた。店舗網の拡大と新刊販売のノウハウを本体の古書事業に活かすことが目的だが、今後、M&Aや新刊書の取扱いを拡大する考えはない」としている。

|

« 講談社が創業100周年で「書き下ろし100冊」発刊 | トップページ | 雑誌「中部ぺん」第15号・座談会「日本の戦後文学の再検討」の意味するもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 講談社が創業100周年で「書き下ろし100冊」発刊 | トップページ | 雑誌「中部ぺん」第15号・座談会「日本の戦後文学の再検討」の意味するもの »