« ビジネス関係書が好調ーダイヤモンド社の書籍部門が大幅増収 | トップページ | 現代詩花椿賞に奥田春美さんの「かめれおんの時間」 »

2008年9月18日 (木)

「カラマーゾフの兄弟」100万部突破! 亀山郁夫版

 光文社は13日、古典新訳文庫として刊行している亀山郁夫氏訳のドストエフスキー作「カラマーゾフの兄弟」が、全5巻合わせて100万部を突破したと発表した。古典文学としては、異例の売れ行きという。同書は2006年9月に発売を始めた。好色で金に汚い父親の殺害事件を巡る3兄弟の言動を通し、神、死、人間の罪などの問題を描いた19世紀ロシア文学を代表する長編だ。亀山氏は東京外大学長。新訳は対話形式で進む原語の勢いを生かした軽快さが特徴で、先行訳と比べ、読みやすく理解しやすいと評価されている。昨今の古典作品の新訳ブームのきっかけともなった。(08年9月13日 読売新聞)

|

« ビジネス関係書が好調ーダイヤモンド社の書籍部門が大幅増収 | トップページ | 現代詩花椿賞に奥田春美さんの「かめれおんの時間」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ビジネス関係書が好調ーダイヤモンド社の書籍部門が大幅増収 | トップページ | 現代詩花椿賞に奥田春美さんの「かめれおんの時間」 »