« 同人誌紹介「季刊遠近」第35号(東京都)(3) | トップページ | このミス大賞( 第7回)に柚月裕子さん、と山下貴光さんの2作品 »

2008年9月25日 (木)

瀬戸内寂聴さん:名前を隠して初のケータイ小説

第3回日本ケータイ小説大賞授賞式で08年9月24日、文化勲章受章作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんが、86歳にしてケータイ小説に初挑戦、ケータイ小説サイトで名前を隠して書き上げたと24日、発表した。「ぱーぷる」のペンネームで、女子高生ユーリのいちずな恋を描いた「あしたの虹」。10代、20代の女性たちが等身大の物語を書き、女子中高生が読者の中心というケータイ小説に、大物作家が切り込んで、大きな注目を浴びそうだ。
 「あしたの虹」は携帯電話で読むケータイ小説サイト「野いちご」で5月に掲載スタート。今月10日に完結した。横書き、短い簡潔な文章、若者言葉など、今までの瀬戸内文学とはまるで異質の作品になっている。今年は源氏物語千年紀でもあることから、源氏の現代語訳で知られる作家らしく、主人公ユーリが恋する相手の名を「ヒカル」とするなど、源氏をモチーフにした。筆名ぱーぷるは紫式部にちなむ。恋愛だけでなく、家族のきずなが感じとれる物語になっている。
 名誉実行委員長を務めた第3回日本ケータイ小説大賞・源氏物語千年紀賞の席上で公表。毎日新聞社から24日、単行本として刊行された。
 同委員長を引き受けたことから、「だったら私も書いてみよう」と執筆を決意。「この年になると面白いことがなくなる。ケータイ小説を書くという初めての経験はとてもワクワクしました」と振り返った。【内藤麻里子】(08年9月25日、毎日新聞)

|

« 同人誌紹介「季刊遠近」第35号(東京都)(3) | トップページ | このミス大賞( 第7回)に柚月裕子さん、と山下貴光さんの2作品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 同人誌紹介「季刊遠近」第35号(東京都)(3) | トップページ | このミス大賞( 第7回)に柚月裕子さん、と山下貴光さんの2作品 »