« 詩の紹介  「存在」 小林 妙子 | トップページ | 朔太郎賞に鈴木志郎康さん »

2008年9月 4日 (木)

文芸時評8月(東京新聞8月27日)沼野充義氏

《対象作品》水村早苗「日本語が亡びるとき」(「新潮」)/楊逸「金魚生活」(「文学界」)/青木淳悟「このあいだ東京でね」(「新潮」)/深津望「壁の向こうの彼女」(「群像」)/木村紅美「ハワイアンブルース」(「すばる」)。

|

« 詩の紹介  「存在」 小林 妙子 | トップページ | 朔太郎賞に鈴木志郎康さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 詩の紹介  「存在」 小林 妙子 | トップページ | 朔太郎賞に鈴木志郎康さん »