« 万引き防止シール、お客さんに不評…福岡県の書店組合 | トップページ | 没後60年の「桜桃忌」 »

2008年6月21日 (土)

児童文学の吉田定一容疑者を逮捕、殴られた俳優死亡

 自宅で知人の男性俳優を殴ったとして、大阪府警高石署は21日、児童文学作家・吉田定一容疑者(66)(大阪府高石市)を傷害容疑で逮捕した、と発表した。男性は、暴行の約16時間後、搬送先の病院で死亡した。同署は傷害致死容疑に切り替えて調べている。
 発表によると、吉田容疑者は20日午前7時ごろ、自宅居間で、知人の俳優汐見直行さん(62)(東京都杉並区)の顔を殴った疑い。汐見さんは、はずみで転倒し、頭を強打して失神。吉田容疑者はそのまま放置していた。汐見さんは病院に運ばれたが同日夜、硬膜下血腫(けっしゅ)で死亡した。吉田容疑者は1981年出版の詩集「海とオーボエ」で野間児童文芸推奨作品賞を受賞。汐見さんは「劇団手織座」所属の舞台俳優。(08年6月21日 読売新聞)
=メモ=
 年を取ると、「感情失禁」といって、激情にかられても押さえる力がなくなる病気になることがあるという。自覚すると、ひどくならないかも。要注意です。

|

« 万引き防止シール、お客さんに不評…福岡県の書店組合 | トップページ | 没後60年の「桜桃忌」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 万引き防止シール、お客さんに不評…福岡県の書店組合 | トップページ | 没後60年の「桜桃忌」 »