« 「寿命まで天引きされる高齢者」…川柳の愛好者大会 | トップページ | 松本清張賞に蘇芳よう子さんの「槿花、一朝の夢」 »

2008年4月17日 (木)

草思社の支援企業、自費出版大手の文芸社に

 民事再生手続きを進めている出版社の草思社(東京・文京区、木谷東男社長)は17日、自費出版大手の文芸社(東京・新宿区、瓜谷綱延社長)が支援企業に決まったと発表した。草思社の100%減資分を文芸社が引き受け、草思社は文芸社の100%子会社になる。両社は16日、<1>草思社の独自性を尊重<2>既刊書を従来通り販売<3>社名をそのままにする――といった内容で基本的に合意。役員人事については未定だが、代表は文芸社から、社長は草思社から出す方針だという。22日に再生計画案を提出し、認可は7月になる見通し。木谷社長は、「文芸社から最良と思われる提案を受けた」と話している。(08年4月17日読売新聞)


|

« 「寿命まで天引きされる高齢者」…川柳の愛好者大会 | トップページ | 松本清張賞に蘇芳よう子さんの「槿花、一朝の夢」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「寿命まで天引きされる高齢者」…川柳の愛好者大会 | トップページ | 松本清張賞に蘇芳よう子さんの「槿花、一朝の夢」 »