« 詩の紹介  「ひきこもり」 神信子 | トップページ | 東京詩話会が解散、閉会。辻井喬氏が講演 »

2008年4月20日 (日)

文芸時評4月・沼野充義氏

《対象作品》山崎ナオコーラ短編集「論理と感性は相反しない」(講談社)/円城塔「烏有此譚」(群像)/井村恭一「フル母」(文学界)/日和聡子「ヤンヌ・レーセン」(すばる)。(毎日新聞4月23日)

|

« 詩の紹介  「ひきこもり」 神信子 | トップページ | 東京詩話会が解散、閉会。辻井喬氏が講演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 詩の紹介  「ひきこもり」 神信子 | トップページ | 東京詩話会が解散、閉会。辻井喬氏が講演 »