« 松本清張賞に蘇芳よう子さんの「槿花、一朝の夢」 | トップページ | 詩の紹介  「ひきこもり」 神信子 »

2008年4月18日 (金)

菊池寛「日本文学案内」日本の現代文学概観(11)

B 浪漫主義
 ドイツではシュレーゲル兄弟、ティーク、シュライエルマツヘル、ノヴァリス、等は初めベルリンに集り、後にエーナに集って浪漫主義運動を起し、機関紙「アテネーム」を発行した。彼等はゲーテ、シルレルの青年時代の激情を讃美し、原始文学を唱えたヘルデルを尊敬した。哲学も唯理念のみを旨とするものを排し、人間のうちに重心を置く哲学を採った。殊にフィヒテの「自我の外には何ものも存在しない」と言う教説に無限の魅惑を感じたのである。またシュレーゲル(兄)はシェイクスピアの翻訳に従事して、ドイツで最も広く読まれた決定訳を作った。

 ノヴァリスといえばドイツ浪漫主義を想起する詩人だが、ティークは彼を評して「高き不滅の精神のいとも純にして、いとも美しきあらわれ」と言った。生来虚弱で、名門の生れであったが、病魔と終生戦わねばならなかった。そして愛人ユーリエと結婚する日が遂に来たらず、病没したが、「夜の讃歌」「聖歌」などの浪漫的な佳い作品を残してドイツ浪漫派の基礎を固めたのである。
 ハイデルベルヒに集った浪漫派の一団があった。彼等は一層抒情趣味を鼓吹し、無限への憧憬、神秘への思慕を境地要した。アイヘンドルフの詩篇や小説「のらくら者の日記」は有名である。またホフマンの怪奇趣味に満ちた小説はポーやボードレルに多大の影響を残している。ドウッセルドルフに生れパリで死んだ詩人ハイネは早くから我国に紹介され、その浪漫的な叙情味と一脈の憂鬱な調子は多くの青年を魅了したものだ。

|

« 松本清張賞に蘇芳よう子さんの「槿花、一朝の夢」 | トップページ | 詩の紹介  「ひきこもり」 神信子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 松本清張賞に蘇芳よう子さんの「槿花、一朝の夢」 | トップページ | 詩の紹介  「ひきこもり」 神信子 »