« 菊池寛「日本文学案内」日本の現代文学概観(8) | トップページ | 「 辞める理由、続ける理由」(1) 麻葉佳那史 »

2008年3月16日 (日)

熊谷達也さん陳謝。表現無断使用…「小説すばる」連載中止

 直木賞作家の熊谷達也さんが、「小説すばる」(集英社)の昨年12月号に発表した小説「聖戦士(ムジャヒディン)の谷」に、フォトジャーナリスト・長倉洋海(ひろみ)さんの複数の著書から表現などを無断で使用していたことが15日分かった。同誌は、熊谷さんのシリーズ連載を中止することを決め、17日発売の4月号に「経緯とお詫び」を掲載する。
 同誌編集部などによると、アフガニスタンを舞台にした同小説について、長倉さんは「自著の表現を無断使用している個所が複数ある」と抗議。編集部が調べ、熊谷さんと協議したところ、長倉さんの「マスードの戦い」などの著作に依拠しており、参考文献の域を超え、一部が著作権侵害に当たる可能性が高いと判断した。同誌上で熊谷さんは「設定・描写などを利用したことを深く反省している」と、陳謝している。(08年3月16日、読売新聞)

|

« 菊池寛「日本文学案内」日本の現代文学概観(8) | トップページ | 「 辞める理由、続ける理由」(1) 麻葉佳那史 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 菊池寛「日本文学案内」日本の現代文学概観(8) | トップページ | 「 辞める理由、続ける理由」(1) 麻葉佳那史 »