« 「文―BUN」第4号・立命館大学文芸創作同好会(4) | トップページ | 詩 「ハルジョオンに」 江原茂雄 「眼」 第20号より »

2007年4月24日 (火)

《文芸時評=田中和生》対象作品(読売新聞4月24日)

《小説》
吉田修一(38)「悪人」(朝日新聞社)/朝倉祐弥(29)「<鈴木少尉>の帰還」(すばる)/前田司郎(30)「グレート生活のアドベンチャー」(新潮)/幻侑宗久(50)「龍の棲む家」(文学界)/星野智幸(41)「無間道」(すばる)。

《注目の評論》
蓮見重彦『「赤」の誘惑 フィクション論序説』(新潮社)/東浩紀「ゲーム的リアリズムの誕生」(講談社現代新書)/大西巨人インタビュー集<聞き手・鎌田哲哉>「未完結の問い」(作品社)。=田中和生=法政大学講師・文芸評論家。

|

« 「文―BUN」第4号・立命館大学文芸創作同好会(4) | トップページ | 詩 「ハルジョオンに」 江原茂雄 「眼」 第20号より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「文―BUN」第4号・立命館大学文芸創作同好会(4) | トップページ | 詩 「ハルジョオンに」 江原茂雄 「眼」 第20号より »