2017年7月23日 (日)

「グループ桂」の同人誌活動としての作品解説など

  「グループ桂」は、師である伊藤桂一氏が亡くなってしまったので、作品評が同人仲間だけになってしまった。そこで、今後は《「グループ桂」のひろば》で、自作解説を掲載することになった。なお、同誌は、価格が...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年7月22日 (土)

文芸同人誌展示会(町田中央公民館)の最新情報

  文芸交流会が主催している同人誌展示会の最新情報が出た。《参照:文芸同人誌展示会(町田文芸交流会主催)の現況=外狩雅巳》  文芸同志会も、文芸交流会も同人誌を発行していない。ただ、それぞれの同人誌の...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年7月20日 (木)

総合文芸同人誌「岩漿」25号(伊東市)

【「檸檬の木のある風景が」偲優一】  私立高校の常勤講師を長年にわたって勤め、三年前に定年退職した「私」は、あてもなく町を歩く。同時に人生の越しかたを振り返る。  「お祭りのような繁華街を抜け2時間ほ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年7月19日 (水)

文芸同人誌評「週刊読書人」(2017年6月30日)白川正芳氏

板橋和朗「日記に記す一万歩」(「美濃文学」95号)、「群系」38号の特集「日本近代文学の始原」より葦原克芳「開化日本 書生がゆく 三遊亭円朝・二葉亭・漱石」等、「第6回 富士正晴全国同人雑誌賞大賞受賞...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年7月18日 (火)

町田市公民館で文芸同人誌展示会始まる

 文芸交流会主催の「文芸同人誌展示会」ミニギャラリーの開催がはじまった。《参照:文芸同人誌展示会(町田)を7月29日まで開催=文芸交流会》  とりあえず、展示本の提供を受けたものを、カートに積んで、展...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年7月16日 (日)

新同人雑誌評「三田文学」(2017年夏季号)=柳澤大悟氏

《取りあげられた作品》 ・竹野滴「麸菓子」(「麦笛」16号、仙台市太白区) ・高橋道子「ケガレ」(「麦笛」16号、仙台市太白区) ・はのさとこ「再生する魚」(「あまのがわ二〇一六」通巻13号、広島県安...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年7月14日 (金)

文芸交流会(町田公民館会場)の文芸同人雑誌展示会の日程変更

  町田公民館を拠点とした文芸交流会の「文芸同人誌展示会のスケジュールが変更になったという。すでに、知り合いの詩人から、段ボール箱で詩集や自費出版が送られてきた。こちとらも、明日から準備に入ります。 ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年7月13日 (木)

町田文芸交流会の「同人雑誌展示会」を当会も支援へ

  町田市を会場拠点とした「文芸交流会」が 「同人雑誌展示会」を駅近の公民館で開催するという。文芸同志会で連絡所を担当している外狩雅巳の「文芸交流会」なので、当会も支援協力することにした。なんでも、販...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年7月12日 (水)

文芸交流会(町田)主催で7月に『同人雑誌展示会』を開催=外狩雅巳

期間-----2017年7月18日午前9時から7月29日午後18時までの<10日間> 場所-----町田中央公民館階・ミニギャラリー 内容-----これまで交流してきた文芸同人雑誌・自費出版書籍の展示...

» 続きを読む

| | コメント (1)

2017年7月11日 (火)

同人誌評「図書新聞」(7月15日付)=志村有弘氏

 ・小網春美の「葬式の達人」(北陸文学第81号)の読後感が爽やか。   ・永見篤彦の「孤灯」(山陰文藝第45号)が静かな文体で展開する佳作。   ・射場石成の「尊重と軽蔑」(AMAZON第483号)が...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«文芸月評7月(読売新聞7月6日付))死者を回想 永遠の生