2017年5月22日 (月)

文芸同人誌「孤帆」28号(川崎市)

【「It`s a SEXUAL World‐2‐」塚田遼】  現代人の性にからむ活動を活写。現代への問題提起になっている。今号では、四(女性 一七歳 高校生)のケース。五(男性 四十一歳 舞台俳優)、...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年5月21日 (日)

寺澤有氏の語る裁判傍聴談話が動画に

  警察組織の事情に詳しい寺澤有氏の話を聞いた。《参照:寺澤有氏が「共謀罪と、警察ねつ造の覚醒剤密輸事件」 》最近は、ネット動画で素早く出すようになったので、自分のサイトの記事は不要のように思わないで...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年5月19日 (金)

文芸月評5月(読売新聞5/4・文化部) 待田晋哉記者

《対象作品》  松家仁之さん(58)の「光の犬」(新潮、2015年9月号~)は読後、しばらく黙っていたくなる小説だ。物語の静寂の中に、たたずんでいたくなる。  物語の最終盤、町の人口は往時の半分になり...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年5月18日 (木)

文芸同人誌評「週刊読書人」(2017年5月5日)白川正芳氏

佐藤佳奈「私が描く明日の農業」第8回全国農業関係高等学校エッセイコンテスト最優秀作品(福島県立会津農林高等学校 農業園芸科3年) 「ほほづゑ」92号特集「脳とこころ」より中村久雄・片桐衣里・堀内勉の座...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年5月17日 (水)

文芸交流会の最近と今後の活動について=外狩雅巳

  大型連休も終わり文芸同人会の活動も通常に戻ります。すでに「民主文学」や「群系」に関しての連絡が来ています。   今年に入手した各会の同人雑誌や個人出版も五月で一巡しますので六月は新趣向を試してみま...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年5月16日 (火)

文芸同人誌「イングルヌック」第3号(大阪市)

 猿川西瓜と新城理の二人同人誌で、各人が2作ずつ発表している。本誌は「文学フリマ東京」で入手したもの。二人同人誌だと、その作風と個性が単行本に近く感じられる。文芸的文章道にそった価値観では評価できない...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年5月15日 (月)

現実と小説創作におけるリアリズム

 美濃加茂市長の受託収賄事件で起訴され2審で有罪とされた藤井市長が、選挙で3選当選した。有罪の2審では藤井市長が主張を述べる場が与えられず、贈賄がわの詐欺罪服役中の男が贈賄の事実があると述べた。  こ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年5月14日 (日)

日本と世界の底流ー議員は必要か。地球環境の現在

 選挙で市民の代表を決める民主主義、しかし選ばれるのは、数の多い団体にの支持者である。なぜ、これだけ保育所が足りないという市民がいるのに、保育所がすぐできないのか。それは議員が保育所を作ろうとしない人...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年5月13日 (土)

総合文芸誌「ら・めえる」No74号(長崎市)

 ながさき総合文芸誌のサブタイトルを持ち、長崎ペンクラブが年二回刊行する雑誌である。  元国会議員が会長になり理事には元県議会議員や元長崎新聞論説委員など多数を連ねている。  印刷製本も本格的で市内企...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年5月12日 (金)

コミケ同人誌と共謀罪

 国会で審議中の「共謀罪」法案の対象犯罪には「著作権法違反(侵害)」も含まれている。テロ対策とどんな関連があるのか疑問視され、コミックマーケットの参加者などからは「アニメや漫画のパロディー作品が取り締...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«文芸時評4月(毎日新聞4月26日)=田中和生氏