2017年2月22日 (水)

浜田寿美男教授の「自白のなかに無実の証拠」と作家の心理

  以前から、小説の技法について、事実をそのまま書くと、読者への説得力を欠き、それらしく事実にフィクションを加えると、読者を納得させるとい作用が働くことに、面白い現象と、関心をもって、暮らしのノートI...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年2月21日 (火)

文芸同人誌「R&W」第21号(愛知県)

【「クイーンズ・ハット」霧関忍】  幼稚園のママ友の交際の様子を描く。陰に陽に、女の世界の嫉妬心と虚栄のバトルをスリリングに表現する。人間が狭い世界で、熾烈な闘争をくりひろげる。愚かで恐ろしい女の執念...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年2月20日 (月)

文芸同人誌評「週刊読書人」(2017年2月3日)白川正芳氏

「野紺菊を描く」高橋裕子(「日本未来派 詩と評論」230号)、及川良子著『したたる瞬間を』 創刊、日本大学藝術学部文芸学科多岐祐介ゼミ発行「黒曜」より島崎葵「ファジー」・仲野真由「枝豆と猫」・井村佳歩...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年2月19日 (日)

文芸同志会の連絡所と拠点についてー響ルームの廃止について

先日、銭湯にいったとき、あとから上がってきた隣の脱衣箱の老人が、脱衣ボックスの鍵がないと気付き、周囲を探しはじめた。どこかに鍵をなくしたかと、共に探した。そのうちに、その隣で脱衣をしていた壮年の男性が...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年2月18日 (土)

文芸同人誌「日曜作家」第17号(大阪府)

 本号は2017年冬号とあるが、もう春になってしまった。読んではいるのだが、紹介手法に変化をさせたいと思うが、どうも思いつかない。 【「どぶねずみ」大原正義】  松尾芭蕉の弟子たちのなかに、路通という...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年2月17日 (金)

お知らせ=共謀罪に反対する百人委員会の結成を!

ジャーナリストの林さんからの呼びかけを転載します。要するに治安維持法の復活です。この時も、政府は国会答弁できませんでした。今回も全く同じ状況です。文芸同人誌も結社として対象になります。小林多喜二の運命...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年2月14日 (火)

 ポスト真実時代の沈黙の意味「名辞以前」佐藤 裕

 「詩人回廊」の「名辞以前」(佐藤裕)には、言葉が汚れてしまったという時代の空気が読める。  聖書には「はじめに言葉ありき。言葉は神と共にあり、言葉は神であった。」( ヨハネによる福音書1章1節)とあ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年2月13日 (月)

同人誌評「図書新聞」(2017年2月11日)評者・越田秀男

 《対象作品》「真っ白なキャンパス」(佐々川来太/黒曜創刊号)/「カラス」(川﨑正敏/静岡近代文学31)/「ウララ」(小畠千佳/あるかいど第60号)/「ジグソーパズル」(岸川瑞恵/九州文學第36号)/...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年2月12日 (日)

消耗品でなく、読んでもらう努力の小野友貴枝「夢半ば」日記

   「夢半ば」(小野友貴枝)日記」の4巻を刊行して以来、各方面に働きかけ、その努力の地元の書店が店頭に平積みしてくれるほどだという。《参照:「夢半ば」日記知名度が拡がる=小野友貴枝》   まさしくラ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年2月11日 (土)

トランプに安倍総理は「和して同ぜず」ができたのか

  米トランプ大統領とゴルフをした安倍首相は、二階官房長官のいうように「和して同ぜず」ができたのだろうか。《参照:二階幹事長の講演から》  そろそろ日本も独立国家の基盤をつくる時期だと思うのだが…。

» 続きを読む

| | コメント (0)

«ピース・又吉、芥川賞受賞後第1作はまだだったのか