2017年1月23日 (月)

文芸同人誌「クレーン」の作品の作者名を訂正しました。

文芸同人誌「クレーン」38号の「ライン作業者」の作者名を和田伸一郎と漢字表記しましたが、作者の指摘で「わだしんいちろう」と修正しました。

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年1月22日 (日)

「第一回文学フリマ京都」22日開催中-記念シンポジウム&ライブも

  今年初めての文学フリーマーケットは出店数300ブースとか。「第一回文学フリマ京都」当日企画公開(2)-記念シンポジウム&ライブ(大会議室)

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年1月21日 (土)

文芸同人誌評「週刊読書人」(2017年1月6日)白川正芳氏

明治大学文学部塚田麻里子研究室内群島の会編集「トルソー」創刊号より伊藤龍哉「禿の思想-「親鸞 白い道(三国連太郎監督)」・常野前彰子「知多半島稲の道」・林淳一「鏡花つれづれ草」・牧子嘉丸「ふるさとの山...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年1月20日 (金)

わたしと「仙台文学」89号の周辺=外狩雅巳

  同人には芥川賞候補になったこともある作家の佐々木邦子氏もいて、伝統のある長く続いてきた老舗の同人誌です。   その佐々木邦子氏が昨秋に亡くなり訃報が編集後記に掲載されている。享年67歳との事です。...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年1月18日 (水)

小野友貴枝さん「夢半ば」を刊行=日記と回想のちがい

  小野友貴枝さんが、中学生時代からつけていた日記が実家で見つかり「夢半ば」として、書籍化したところ4巻になった。《参照: 「夢半ば」日記四部作の新発売に向けて=小野友貴枝》  この日記は、文学作品で...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年1月17日 (火)

文芸雑誌「ガランス」24号(福岡市)

【「『企み小説』の前語り」ミツコ田部】  真夜中におきると心が悲しい。共同便所でおしっこをして、また寝床にもどり、読みかけの小説を読む。そこから読んだ小説の概略の紹介になる。この小説の解説と感想を詳し...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年1月14日 (土)

読売新聞【文芸月評1月】近未来 緻密な想像力で

  島田雅彦さん(55)の「黎明れいめい期の母」(新潮2月号~)は、衝撃的な近未来小説だ。   長嶋有さん(44)の「もう生まれたくない」(群像)も、震災後の世界に対する問題意識を感じた。     上...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年1月13日 (金)

文芸サークル誌「文芸多摩」第9号(町田市)

 本誌は「日本民主主義文学会・町田支部」の文芸サークル誌である。 【エッセイ「ヘルパーさんもいろいろ」木津和夫】  高齢になって脊椎狭窄症でヘルパーに頼むことで生活を維持している。その折にやってくるヘ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年1月12日 (木)

文芸同人誌「あるかいど」60号(大阪市)

【「太陽の塔」住田真理子】  1970年の大阪万博の開催の時期、主人公は12歳であった。その頃、母親は万博見物に出かけるために、ショートパンツで行くつもりだったが、太ももの痣が隠せないので、諦めてスラ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年1月11日 (水)

文芸同人誌「私人」第90号(東京)について=外狩雅巳

  文芸学習を行っている人たちの作品集です。「相模文芸」33号を贈ったら年末には役員の一人、小保方氏より連絡があった。 ーー私どもの「私人」は全くの素人が尾高修也先生の指導のもと、短編を読み、短編を書...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«一色編集長と「詩と思想」新人賞・及川氏の日本的古語リズムの継承