2018年8月15日 (水)

小柴 一良写真展の公害から見たFUKUSHIMA

  夏休み目に、小柴 一良写真展「FUKUSHIMA 小鳥はもう鳴かない」をニコン銀座サロンで観た。福島原発事故を水俣病を取材していた関係から、小柴氏は公害の視点をもっている。たしかに、福島事故の被ば...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年8月14日 (火)

中部ペンクラブ文学賞(第31回)に弥栄菫さん作品

 「中部ぺん」第25号が刊行され。第31回中部ペンクラブ文学賞受賞作く「誰かが誰かのS](弥栄菫)に決まった。作品内容は、女性の視点で、前の男から現在の男と同郷する過程に、お互いの関係性をどのような支...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年8月10日 (金)

季刊文芸誌「日曜作家」第23号(大阪府)

【「ふわふわスクランブルエッグ」椿山滋】  母親が40代半ばの時、交通事故で亡くし、残された父親と高校生の娘のその後の生活を描く。およそ、父親と若い娘との関係交流はむずかしいとイメージがある。。しかし...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年8月 8日 (水)

芥川賞受賞・高橋弘希インタビュー「戦争を書く理由」

――戦争文学の傑作とも言われる大岡昇平の『野火』に似ている、という声もあったようですが、もともと読んではいたのですか? 高橋 いえ、読んだのは「似ている」と指摘されてからです。大岡作品に限らず、『指の...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年8月 6日 (月)

「仙台文学」92号(仙台市)

【「波路上杉の下―南陸海浜の記憶⑤-」近江静雄】  東日本大震災3・11の被害と地形の変化を、三好隆一が確かめる記録となっている。そのなかで、愛宕山地福寺には、明治29年6月15日にも大津波災害があっ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年8月 5日 (日)

「図書新聞」同人誌評(2018年8月4日)評者◆志村有弘氏

 岡山晴彦の戯曲童話「今様お伽噺 麦の穂」(Pegada第19号)。町の「廃校」の寂しさもあり、今はやりの「忖度」の言葉も見える。震災の傷を随所に示す哀しい作品でもあるが、心温まる力作。  丸山修身の...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年8月 3日 (金)

文芸同人誌「海」(第Ⅱ期)第20号(太宰府市)

【「巡査日乗」中野薫】  司法の世界では、裁判官・検察官・警察署・刑事・交番勤務巡査のそれぞれの部署がある。そのなかで巡査の勤務の実態が詳しく、書かれている。転勤のこともあり、具体的な地域は記されてい...

» 続きを読む

| | コメント (1)

2018年8月 2日 (木)

文芸時評8月(東京新聞8月1日)=佐々木敦氏

  第百五十九回芥川賞は、高橋弘希「送り火」(『文学界』5月号)に決定した。高橋は二〇一四年に「指の骨」で新潮新人賞を受賞してデビュー、同作は第百五十二回芥川賞候補となった。以後「朝顔の日」(第百五十...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年8月 1日 (水)

情報がニュースになる要件ー山本太郎議員の国会質問の裏

  ネットでは盛んに情報があるが、新聞やテレビのニュースにならない、という出来事がある。山本太郎議員が安倍首相に、IR法案の成立でギャンブル業界の裏社会からの進出が危惧されるといわれるが、大丈夫なのか...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2018年7月31日 (火)

西日本文学展望 「西日本新聞」7月24日・朝刊=茶園梨加氏

題「家」 野見山潔子さん「解体」(「火山地帯」193号、鹿児島県鹿屋市)、西村敏道さん「微(ほほ)笑みのかげに」(「飃(ひょう)」108号、山口県宇部市) 鳥海美幸さん「冬の終わり」(「龍舌蘭(りゅう...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«情報の秘境探検のひとつの分野としての文芸同人誌