2017年11月22日 (水)

第25回文学フリマ東京」2017年11月23日(木祝)開催

  「第二十五回文学フリマ東京」2017年11月23日(木祝)が開催されます。文芸同志会は2階のブース「キー24」に出店します。   それぞれのジャンルで、出店者と文学論が語り合えます。静かでゆっくり...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年11月19日 (日)

草の実アカデミーの100回記念講演と加計学園の全面広告

  加計学園の補助金不正疑惑について、黒川敦彦氏の説明講演があった。主催した「草の実アカデミー」というのは、NHKにいた上田哲氏(故人)が主催したあと、有志によって承継されたという。いろいろな文化活動...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年11月18日 (土)

アメリカの従属国としての日本の未来=ジャパン州なることの利害

  さまざまな分野での米国の従属国であることを、実感させる出来事が、多く認識できるが、げんざいの情況では、米国共和国の州になってしまった方が、メリットがあるかも知れない。まず、膨大な財政赤字もなんらか...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年11月16日 (木)

日本人の変化と時代の流れ=亀井静香氏の談話から

 11月15日に亀井静香氏が自由報道協会の会見で、現代の世相を語った。《参照:亀井静香氏、日本の国情を憂う》  亀井氏の政界引退そのものは、時代の流れであると思えるが、それ以上に、日本人の変質を感じる...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年11月15日 (水)

文芸同人誌「弦」102号(名古屋)

【「芸能史談―柳永二郎の名古屋地方の戦中慰問」下八十五】  柳永二郎という俳優がいた。渋く重厚な風格のある脇役の重鎮という印象があった気がする。新派を主にした人物だとは、知らなかった。理知的な日誌の一...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年11月14日 (火)

文芸月評(読売新聞11月3日)文化部 待田晋哉記者

 今月は、文芸誌3誌で新人賞の発表があり、計4作の受賞作が出た。その中で、圧倒的な言葉と観念の密度を感じたのは、文芸賞を史上最年長で受賞した若竹千佐子さん(63)の「おらおらでひとりいぐも」だった。 ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年11月12日 (日)

文芸同人誌評「週刊読書人」(2017年11月3日)=白川正芳氏

   阿曽十喜「詩撰集 五編 中間被災地記録」、犬童加津代「運動会」(「海峡派」140号)、「ずいひつ遍路宿」215号より高島緑「柿の木」 桑原文明「吉村昭試論39 法意識」(「吉村昭研究」第39号)...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年11月10日 (金)

東浩紀『ゲンロン0 観光客の哲学』第71回毎日出版文化賞を受賞

   東浩紀著『ゲンロン0 観光客の哲学』が第71回毎日出版文化賞を受賞した!本日11/3(金)の毎日新聞朝刊にて、鷲田清一さんのコメントとともに『ゲンロン0』の受賞が発表された。  《参照:第71回...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年11月 7日 (火)

文芸同人誌「文芸中部」106号(東海市)

【「お願いですから」堀井清】  主人公の自分は、80歳ぐらい。妻はすでに亡くなっており。結婚した娘が50歳になって、離婚し出戻ってきて同居。二人暮らしである。ここまで生きて、今後どうするという夢もない...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2017年11月 6日 (月)

西日本文学展望「西日本新聞」17年10月28日・朝刊=茶園梨加氏

題「生き方と死に方」 宮脇永子さん「三途(さんず)の川はどごですか」(「南風」42号、福岡市)、白石すみほさん「花かんざし」(「ふたり」18号、佐賀県唐津市) まえだかずきさん「伝説のメモ帳」(「詩と...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«文芸同人誌「星座盤」Vol・11 (岡山市)