2019年6月17日 (月)

文芸同人誌「海馬」第42号(西宮市)

【「墓地」阿部トシ子】  妙子という女性が主人公、独身。母親が離婚しているbなかで育てられたらしい。彼女の兄が墓を建てるので、百万円のお金を出して欲しいと、」母親に言ってくる。そこで、母親がそれに応じ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月15日 (土)

文芸同人誌「海」99号(いなべ市)

【「河岸の賭場」宇梶紀夫】】  江戸時代の鬼怒川最奥に、阿久津河岸という水運物流に賑わう水路河岸があるという。上流の奥鬼怒は、「山根八千国」言われる木材の宝庫であった。それを筏にして下流に運び、江戸に...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月14日 (金)

マッチポンプか、国民を戦争する気にさせる黒い霧

 報道によると、ーーポンペオ米国務長官は13日の記者会見で、中東ホルムズ海峡近くのオマーン沖で日本のタンカーが襲撃された事件について、「米政府としてイランの仕業だと判断した」と述べた。安倍首相がイラン...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月10日 (月)

【文芸時評】6月(産経新聞5月26日)石原千秋氏

   (抜粋)ーそれで、十数年前に作った講義メモがあまり役に立たなくなった。たとえば、村上春樹自身が語っているように、『ノルウェイの森』の大ヒットは予想外の出来事だったのだろう。『ダンス・ダンス・ダン...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月 9日 (日)

文芸誌「星灯・SEITO」第7号(東京)(2)

文芸誌「星灯」第7号(東京)(2) 【エッセイ「良寛さんの地震見舞い」さくむら聖いち】  良寛さん(1758~1831)は1828年の三条地震の時に。71歳でそれを体験したという。これを読んで、自分が...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月 8日 (土)

文芸誌「星灯・SEITO」第7号(東京)(1)

【「NO COFFEE、NO LIFE.」渥美二郎】  コーヒー好きのそれにまつわる事柄を、喫茶店や人生模様などをからませた話。会社内のコーヒー利用施設の味わいから、田舎の喫茶店の話。身体障害のある兄...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月 7日 (金)

芸能か何かで名が知られてから作家になる

  女優・蒼井優(33)との結婚を電撃発表した「南海キャンディーズ」山里亮太(42)が執筆した短編妄想小説集「あのコの夢を見たんです。」(1500円+税)の重版が決定した。 本作は月刊テレビ誌「B.L...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月 6日 (木)

西日本文学展望「西日本新聞」5月31日・朝刊=茶園梨加氏

題「女性の裁量」 江藤多佳子さん「ヒルクレストホテル」(「南風」45号、福岡市)、野沢薫子さん「モーニングサービス」(「長崎文学」90号、長崎市) 西田宣子さん「花ぐらし」(「季刊午前57号、福岡市)...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月 4日 (火)

人は事実を真実に近づける

 事実と真実はどうちがうか。ひとは、自らが納得することを真実とするので、必ずしも事実と一致するとは限らない。従って真実は時代や世相によって変化する。こうしたことを、ある場所でいったら、強く反発されたこ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月 3日 (月)

文芸時評(東京新聞5月29日付夕刊)佐々木敦氏

 第三十二回三島由紀夫賞は、三国美千子『いかれころ』(『新潮』2018年11月号)に決まった。この作品については初出時に取り上げたので詳しくは触れないが、昭和五十八(一九八三)年の大阪、河内を舞台に、...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«文芸同人誌「季刊遠近」第70号(横浜市)